出会い系基本講座

出会い系サイトの闇と罠

最近の状況

最近、出会い系サイトを利用して未成年の子どもを狙う男性が増えています。

そして、そのような男性をターゲットにして詐欺行為を行おうとする団体も増えているようです。

普段から出会い系サイトを利用している方も、ターゲットにされる可能性があります。詐欺に引っかからないように、詐欺の手口を知っておくことが大切です。こちらの出会い系サイトの罠をぜひチェックしてみてください。

ここでは、その手口を紹介します。まず、出会い系サイトでターゲットの男性を見つけます。そこからメッセージのやり取りをし、会う約束をするまでにどんどん近づいていきます。ここまでの段階で、男性は「思ったよりうまくいっている」という感覚があり、出会い系サイトを利用することで出会いがうまくいっていると思い込んでしまいます。出会い系サイトを利用することで、うまく出会えるようになったと勘違いするようになったのです。

その裏では、出会い系サイトの闇を知る者たちが、薄ら笑いをこらえている。

援助交際をした証拠をつかむことができれば、知り合いの女性やそれを名乗る詐欺師集団が男性の前に現れ、その証拠をもとに金銭を強要するというパターンです。

金銭を強要する理由として最も多いのは、次の2つです。

  • 援助交際の相手が未成年で、秘密を守る代わりに現金を要求される。
  • 女性とセックスした直後に、彼氏や夫だと名乗って恐喝する。

このような形でお金を取られます。

女性が本当に未成年の場合、警察に言うのは難しく、お金を払うしかありません。警察に「騙された」と言えば、未成年と性行為をしたことがバレてしまうからです。一方で、逮捕されるリスクもあります。

日本では児童買春に対して法律が厳しくなってきていますし、最近はSNSの発達であっという間に広まってしまいます。自分の名前も出てしまうと、社会復帰が難しくなってしまいます。

これらのことを考えると、脅迫されたということは、まずありえない話でしょう。

そのため、未成年を利用し、出会い系サイトを悪用する手口は非常に巧妙です。相手の女性が “私は未成年です “と言っても仮に「私は未成年です」と言ったとしても、その証拠を掴むことはほぼ不可能です。もちろん、そのような証言があれば刑は軽くなるかもしれませんが、「言った」「言わない」の応酬が続き、水掛け論で終わる可能性が高いのです。

それ以上に、詐欺師側はそれを承知で男性と一緒に女性を捕まえているので、証拠が多いことが多いのです。男性側が勝てる確率は非常に低いのです。

どんな理由であれ、未成年者が性行為をした時点で犯罪行為ですし、警察以外にも家族や職場など発覚したら困る人がたくさんいるので、難しいところです。

今の時代、先ほど紹介したような、未成年者を狙った男性が詐欺師集団に騙され、恐喝されるという詐欺も増えています。

援助交際の温床となった出会い系サイト

援助交際という言葉が生まれたのは、今から約20年前。当時は今ほどインターネットが普及しておらず、出会い系もナンパやテレクラから始まるケースがほとんどでした。

しかし近年、インターネットの普及に伴い、出会い系サイトや出会い系アプリが登場。SNSを利用して出会い系を利用する女性も急増しました。

これが増えると、出会い系にまつわる事件も比例して増えてきました。2003年、出会い系がこれ以上増えないよう、「出会い系サイト規制法」という法律が導入されました。

この法律が導入されてからは、以前は問題視されていた書き込みが減少しました。しかし、SNSや出会い系サイト・アプリを利用して援助交際をしようとする女性は、まだまだ後を絶ちません。

そこで、ここでは援助交際の問題点にはどのようなものがあるのかを解説します。

援助交際の問題点

まず、援助交際とは何かをおさらいしておこう。

援助交際とは、金銭と引き換えに女性に性行為をさせることです。

昔は売春と表現されていましたが、現在では援助交際と表現されることが多くなっています。これは、1990年代に「援助交際」という言葉が社会問題化したことに起因しています。

そして、そのような交際は現在でも普通に行われている。あまりに一般的になったため、ほとんどの人が「売春は違法行為になった」と誤解しているようです。

売春とは、金銭を対価として不特定多数の人と性行為を行うことである。

実際に性行為がなければ売春とはみなされません。ただし、18歳未満の女性であれば、その場であろうとなかろうと、わいせつな行為が行われたというだけで違法となり、犯罪になる可能性があるので注意が必要です。100%有罪と考えてよいでしょう。

他にも売春に関連する法律があります。売春防止法もその一つです。しかし、この法律には罰則がありません。女性を守るために制定された法律なのに、罰則がないことにがっかりされる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そうは言っても、違法であることに変わりはありません。

援助交際の女性の宝庫

インターネットの普及に伴い、女性でも簡単に交際相手候補を見つけることができるようになりました。そのため、出会い系サイトやアプリの掲示板は、援助交際を求める女性の書き込みで大変賑わっています。

出会い系サイトが一般的になり、そのためだけに利用する女性も増えているような気がします。

実際、女性が出会い系サイトを利用すると、男性からたくさんのメッセージが届き、追いつくのが大変なようです。という男性もいるようです。

風俗や水商売のお店で働かない女性にとっては、それこそ集客ツールとして利用されることになります。

真面目な出会いを求めている男性にとっては残念なことですが、このような女性は必ず出会い系サイト・アプリに登場します。また、出会い系でなくても、オンラインゲームやコミュニケーションツールなどにもよく登場します。

男性は注意して利用するようにしましょう。

男性が注意すべき点としては、以下のキーワードをチェックすることです。

  • 割りきり
  • 訳アリ
  • ゴムあり
  • ホ別(ホテル代別の略)
  • ゴム付き
  • キス(K)
  • フェラ(F)
  • N(生)
  • NN(生で中だし)

これらのキーワードがプロフィールや投稿にあれば、援助交際の確率が高くなります。

未成年者が援助交際をすることのリスクと問題点。

現在、未成年者による出会い系サイトの利用は禁止されています。整備された出会い系サイトやアプリの中には、利用者の年齢を確認するものがあります。運転免許証や保険証などの身分証明書を確認することで、未成年者が紛れ込むことを防いでいるのです。

しかし、現実には紛れ込んでしまう人がいるのも事実です。

友人や家族のIDを使って、年齢確認の壁をかいくぐってしまうのです。また、未成年の女性が知人に頼んでアカウントを作成してもらうケースもある。

他のSNSでは、未成年の援助交際は非常に簡単です。TwitterやFacebookは、出会い系規制法を導入する必要がないため、管理が難しいのです。

また、コミュニケーションが取れるアプリケーションを利用することで、簡単に出会うことができる。規制がそこまで行き届いていないため、売春をなくすためのハードルが高い。

なぜ未成年者は援助交際をするのか?

そもそも、援助交際に及ぶ理由にはどのようなものがあるのでしょうか。多くの場合、「友達がやっているから」「お金になりやすいから」という理由です。
生活が貧しく、お金に困っているという意見を想像される方も多いと思いますが、実際はそこまで思い悩んでいないことの方が多いのです。

家庭の事情で援助交際をする人もいますが、アルバイト感覚、お小遣い稼ぎ感覚でやっている場合がほとんどです。

援助交際で捕まることはあるのでしょうか?

援助交際をしていると、警察が自宅を訪問することがあります。

その際の犯罪の種類は主に以下の3つです。

出会い系サイト規制法

出会い系サイトにおいて、18歳未満の女性と出会おうとする投稿をすること。した場合、100万円以下の罰金となります。
この法律を知らずに行うと、知らないうちに犯罪行為を行ってしまうことになります。まずは法律をしっかり理解してください。

児童買春・児童ポルノ法違反

相手が18歳未満であることを知りながら、金銭を渡して性的行為またはそれに類する行為をすること。売春自体は、行為の実行に際して挿入行為があった場合に該当します。ただし、児童買春・児童ポルノ法に関しては、性行為がなくても、淫らな行為を行うことだけでも対象となる。

売春防止法

この法律は、売春を罰するものではありません。この法律の目的は、女性を保護することです。

この法律で捕まると、逮捕されます。

こうして見てみると、知らず知らずのうちに犯罪行為に手を染めてしまうことも少なくないようです。出会い系サイトを利用する前に、まずはどのような法律があり、どこで犯罪になるのかを明確にしておくことが大切です。

事前に知っていれば防げた犯罪も多いので、まずは自分でその法律を知ることが大切です。そして、周りの出会い系サイトを利用している友人にも教えてあげましょう。

そうしないと、思わぬところで友人が捕まってしまうという事態になりかねません。

また、自分自身が声を大にして言うことで、上記のような行為を防ぐことができます。

援助交際で逮捕された場合

上記で説明したように、18歳未満の女性で売春を行ったり、それに関連する書き込みをしたりすると、逮捕される可能性があります。

ほとんどの場合、女性から情報が漏れてしまい、捕まってしまうのです。どんなに気をつけていても、女性から明るみに出れば簡単に捕まってしまうのです。

女性の場合は、ほとんどリスクはありません。しかし、男性にとって、売春はリスクの高いビジネスである。

一番安全なのは、20歳以上の大人の女性と会うこと

歳以下の女性と会いたがる男性は結構います。時には男性でも夢 。一度は女子高生をやってみたいという願望がある男性も多いのではないでしょうか。特に男子校に通っていた人の中には、女子高生との恋愛の思い出が少ないと思っている人もいるかもしれません。

しかし、そのような欲望を行動に移してしまうと、犯罪に巻き込まれる危険性があるのです。むしろ、自分が原因で犯罪を犯してしまうかもしれません。高校生のときに純粋に楽しめたことは、大人になった今、あきらめるしかないのだと諦めることが大切です。どうしても我慢できないのであれば、風俗でコスプレをして、満足して終わりましょう。

また、リアルで出会えないからと出会い系サイトで女性と出会うのであれば、必ず大人の女性と出会うようにしましょう。大人の女性と出会えれば、性行為をすることになっても何も心配することはありません。誰にも悪いことが起きないように、大人として責任を持って出会い系サイトを利用しましょう。