出会い系基本講座

すっぽかしに合わない方法

  • 出会い系サイトで会う約束をしていたのですが、ドタキャンされました。
  • 出会い系サイトで何度かメッセージのやり取りをした後、LINEの交換に成功しました!

いよいよ会う約束をし、待ち合わせの時間になりましたいざ会おうと思ったら、ドタキャンされた。こんな経験をしたことがある男性は多いのではないでしょうか。

私も最近は出会い系に慣れてきて、そのような出会いは少なくなりましたが、始めたばかりの頃は嫌な思いをたくさんしました。特に忘れてほしい体験は、LINEで待ち合わせをした場所で待っていると、こんな電話がかかってきたことです。

待ち合わせ場所で待っていたら、こんな電話がかかってきました。

「あの、実際にお会いしたら、お顔が思っていたのと違っていたので、今日は帰らせていただきます。ごめんなさい…」

この時のことは、今でもよく覚えています。忘れられないエピソードのひとつです。

自分の顔がそんなに悪いのか、とショックを受けました。その時は、あまりのショックでストレス発散に一人カラオケに行きました。

もう一つ覚えている体験を紹介します。栃木県に住んでいたときのことです。東京から来た女の子とLINEで仲良くなり、東京で待ち合わせをしました。交通費に2,000円近くかけて、2時間くらいで着きました。それなのに、待ち合わせ場所で彼女を待っていたら、LINEが届いたんです。

「すみません。今日急に予定が入ってしまって、行けなくなりました。また会いましょう。」

せっかく東京まで行ったのに、キャンセルしてしまった。時間とお金がもったいなかったです。東京で他の友人と会うことも考えたが、「なぜ東京に来たのか」という問いに答えられなかった。なぜ東京に来たのか」という問いに答えられなかった。観光自体は面白かったのですが、本当に無駄な一日でした。

デートを通じていろいろな女性と知り合ううちに、ドタキャンされないコツがだんだんわかってきたので、今回はドタキャンされないコツを紹介します。

自分から会おうとは言わない

最近やりとりしている女性で「会いたい」と言われた人については、ドタキャンされたことがない。

もちろん、そう言わせるために、私のことをよく知ってもらうために、いろいろなことを言いました。そうすると、もっと自分のことを知ってもらいたい、会ってみたいと思うようになるのです。

相手が「会いたい」と言わなくても、共通の趣味を見つけて、例えば「○○のお店、よく知ってるんですよ〜。私も行ってみたいです。このように相手が反応してくれたら、「OK」の返事をもらえるかもしれません。相手がこのような反応を示したら、それはOKサインのようなものです。迷わず誘いましょう。

待ち合わせの1~3日前に念を押す

すっぽかされたり、ドタキャンされたりしないコツは、必ず1日前までにリマインドメッセージを送ることです。例えば、このようなメッセージを送ります。

「こんばんは!明日だね。予定とか大丈夫かな?たのしみにしてるねー」

相手を思いやりながら予定を確認すれば、相手からドタキャンされることはまずありません。仕事や友人との予定を立てる際に、ぜひこの方法を活用してみてください。