出会い系基本講座

コミュ障が彼女を作る方法

コミュニケーション能力とは何か?

「コミュ力」という言葉が知られるようになってきました。

コミュニケーション能力に自信がない人は、「コミュ障だから彼女ができない」「コミュ障だから異性とスムーズに話ができない」と口々に言います。

そもそもコミュ障とは何かというと、会話の中で自分のことをうまく話せない人のことを指すことが多いです。では、コミュ障でない人とはどんな人なのでしょうか。

一般的に、コミュ障の人といっても、いろいろな人がいます。相手の意見をそのまま尊重する人、女性の気持ちを理解して優しく対応する紳士的な人、とにかく相手の意見を聞く聞き上手、などなど。しかし、一概にこれらの能力を持つ人がコミュニケーション上手とは言い切れません。

相手の意見ばかりを尊重していると、自分の意見を持たない人間として、男らしくない印象を与えてしまうかもしれません。紳士のように優しい人でも、「どうせ誰にでも優しい人なんだろう」と見向きもされない可能性があります。聞き上手であれば、最初のうちは好印象かもしれませんが、一緒にいる時間が長いと、相手も自分の意見がない人だと思うかもしれません。

つまり、ある部分ではコミュニケーション能力が高いと思われている人が、実は別の部分ではコミュニケーション能力が低いと思われている可能性があるのです。逆に、自分ではコミュニケーション能力が低いと思っている人でも、実は魅力的で好印象を与えている場合もあるのです。

まとめると、コミュニケーション能力が低い、コミュ障だからと言って、必ずしも恋人ができない、モテないわけではないことがわかります。自分の性格を魅力的にすることができれば、女性からモテることも、友達を作ることも簡単にできるのです。

コミュニケーションをサポートする3つのポイント

相手と会話するための第一歩はメールです。まず接点を持たなければ、会話の良し悪しは関係なくなります。

自分はコミュニケーション能力が低いと感じている人の多くは、時に会話の途中で話を止めてしまうことがあります。そこで、「やっぱり自分はコミュニケーション能力がないんだ」と改めて感じる人も多いようです。しかし、コミュニケーションの際に3つのポイントを押さえるだけで、自然に話せるようになるのです。

それは、次の3つのポイントです。

  • 相手の話に耳を傾ける。
  • 相手の話に共感すること
  • 相手への感謝の気持ちを伝える

年齢、性別、職業を問わず、人と会話するときは、この3点を必ず意識してください。

人の話を聞かず、自分の話したいことだけを話す人をどう思いますか?あまり良い印象は受けないのではないでしょうか?

自分の言うことにいつも批判的な人をどう思いますか?もうこの人とは話をしないと決めている人もいるかもしれませんね。

どんな人と話しても、うまく話すこと、面白くすること、共通点を見出すことだけに気を取られていては、相手を満足させることはできないのです。

一方的で自己中心的なコミュニケーションでは、相手と良い関係を築くことはできないでしょう。

コミュニケーションは、実はとてもシンプルです。

女性の話を「聞く」、女性の話に「共感する」、そして「感謝の気持ちを伝える」。たったこれだけで、コミュニケーションは今まで以上にスムーズに、そして楽しくなるのです。

この3つのポイントは、特別難しいことでも、能力のある人にしかできないことでもありません。

ただ、会話の中で意識してみるだけでいいのです。実際に実践してみると、想像以上に良い人間関係を築けていることに気づくはずです。

女性を100%味方につけることは不可能であることを知る

メールでのやり取りは成功しても、実際に会ったときに女性に断られる男性はかなりいます。これは、メールではうまく取り繕って高評価を得ることができても、実際に会うと本性が露呈してしまうために起こることです。

このような場合の注意点は、あまりネガティブになりすぎないことです。メールでは会うことができたのに、実際に会うと思ったようにいかず断られる。と落ち込んでネガティブになり、次の女性に行ってもその経験からくるネガティブさでまた断られるという悪循環に陥ってしまいます。前回会った時の経験がまだ残っている状態で女性に会うのは、本当にやめた方がいいです。相手に対して失礼にあたるかもしれません。わざわざ時間を作ってくれた女性に不快な思いをさせないようにしましょう。

女性とのコミュニケーションが得意だと思っている男性の中には、どんな女性でも落とせると思っている人がいます。しかし、そんな男性でも落とせない女性ももちろんいます。どんなに条件の良い男性でも、相手の女性の性格や相性で断られることはよくあります。

ですから、どんな男性であっても、相性の良い女性とそうでない女性がいるのです。つまり、どんな男性であっても、自分に合う女性は必ずいるといえるでしょう。

あなたは自分のことをコミュ障だと思うかもしれませんが、コミュ障だと思わずに受け入れてくれる女性もいるはずです。話すと緊張してしまう男性を可愛いと思う女性もいます。

こうしてみると、コミュ障だから女性に好かれないというのは単なる思い込みかもしれません。

知らないところで人に会わない

出会い系サイト以外にも、女性と出会う方法はたくさんあります。例えば、路上で女性をナンパしたり、TwitterなどのSNSで出会ったりすることもできます。しかし、コミュ障の人がハードルの高い外出先で女性をナンパするのはかなり難しいです。もちろん、やってみることを否定はしませんが、時間の無駄になる可能性があるため、おすすめはしません。

路上でのナンパは9割がたスルーされるのが普通です。そのため、断られたり無視されたりするのは当たり前ということを知っておくことが大切です。しかし、コミュ障の人がそのような経験を味わうと、ほとんどの場合、相手に声をかけることができず、時間だけが過ぎていくことになります。

SNSで相手を探そうとしても、リア充やネットワークビジネスの勧誘のようなものが多く、TwitterやInstagramからナンパしようとする人もいますが、ほとんどメッセージを見てもらえず、ブロックされて終わってしまうことが多いようです。

女性と確実に出会い、深い関係になるには、出会い系が一番です。出会い系は、インターネット上での関係なので、直接繋がる関係よりも断られたり、返信が来なかったりした時のダメージが少ないです。

実際に会うケースでは、コミュ障だと不自由なことも多いでしょう。コミュ障の場合、実際に会ったときにうまく話せるかどうか、緊張や不安でかなりストレスを感じることが多いでしょう。そんなストレスを感じながら相手探しをするのは、かなり苦痛でしょう。モチベーションを維持するだけでも一苦労しかし、女性と出会うためには、モチベーションを維持することが必要不可欠です。女性にアプローチして断られるのは当たり前ですが、それが続くと精神的なダメージは大きいです。そんな時にモチベーションを維持できなければ、続かず、彼女ができる前に脱落してしまうでしょう。

モチベーションを維持するためには、気軽に続けることが大切です。よくあるパターンは、最初は意気込んで頑張るのですが、ボツになる回数が増えるにつれて、続けることが難しくなり、止めてしまうというものです。

ですから、そもそもうまくいくことはほとんどないという心構えを持つことが大切です。それと、最終的にはうまくいくという自信を持つことです。最初からあきらめて女性に声をかけると、自信のない男だと思われ、モテないと思われます。最初は50%くらいから始めて、声をかけることでテクニックが向上していくので、徐々にモチベーションを高めていくと良いでしょう。

コミュ障でも恋人を作ることをあきらめない

コミュ障でもそうでなくても、大きな差はありません。コミュ障だから恋人ができない」とあきらめないことが大切です。諦めずに、自分の魅力を引き出して相手に伝えるようにしましょう。

自分ならではの魅力的なポイントをアピールすることができれば、いい女性が現れたときにすぐに話し始めることができるようになるはずです。それができれば、多くの女性から好かれるようになります。

とはいえ、自分の魅力ってなんだろうと思うこともあるでしょう。そんな時は、以下のポイントから自分の魅力を探ってみてください。

  • 優しい人柄をアピールする
  • 仕事での実績を話す
  • 仕事での成果を話す
  • 仕事での功績を話す
  • 相手のために絵を描こう
  • オタクな趣味がある

このように、自分の得意なこと、長所、アピールポイントなどを明確にしておくと安心です。

コミュ障の方でも、自分の好きなことは自然と熱く語れるものです。この能力を伸ばすようにしましょう。自分の好きなことや趣味について、自信を持って話せるように練習してみましょう。