出会い系基本講座

出会い系サイトの変遷

ここで、出会い系サイトの歴史を見てみましょう。

インターネットが普及し、私たちの生活の一部となりました。インターネットがなければやっていけないとまで言われるほど、私たちの世界の一部になっています。

出会い系サイトも手軽に利用できるようになりましたが、意外と知られていないのが、出会い系サイトの原型が15年以上も前から存在していたことです。

最近ではアプリも登場し、サイトよりもマッチングアプリやカップリングアプリが一般的になってきましたが、もともとは本当にシンプルな出会い系サイトがありました。

そんな出会い系サイトの歴史について、以下に詳しく解説していきます。

驚異的な人気を誇った出会い系サイトの元祖

出会い系サイトの元祖として有名なのが、2009年に閉鎖した「スタービーチ」です。このサービスは、出会い系サイトの元祖とも呼べる歴史ある出会い系サイトです。

携帯電話が普及し始めた90年代後半に女子高生や女子大生の間で流行し、高い人気を誇っていた。

スタービーチの代表的な特徴は、その手軽さです。フレンド!」という無料掲示板に書き込みをするだけでいい。具体的な流れはそれだけで、すぐに出会いにつなげることができるのです。また、空いた時間に趣味の友人を見つけることもできました。

こうした背景から、出会い系サイトが急成長し始めたのです。

携帯電話の普及に伴い、出会い系サイトが増加。

スタービーチは、無料で誰でも利用でき、会員登録の必要もないため、非常に魅力的な出会い系サイトであった。その後、スタービーチの存在に便乗して、有料の出会い系サイトが多数出現するようになった。

今では当たり前のことですが、当時は有料の出会い系サイトに騙されたり、被害に遭ったりする人がたくさんいました。

有料ということで「質の高いサービスが期待できそう」「本当に出会えそう」という印象を持ったという人もいたようです。

そうした意見を悪用して、男性が女性に代わってメールのやり取りをするサクラを使った悪徳サイトが増え始めたのです。

最近では、出会い系サイトに慣れたユーザーも多く、サクラを簡単に見分けることができるようになった。しかし、当時はサクラの見分け方すらわからず、お金を取られてしまった人もいたようです。

そのため、2000年代はサクラの被害に遭うユーザーも増加した年でした。

悪質な出会い系サイトが消えていく

2000年代後半に差し掛かり、出会い系サイトといえばサクラだらけで出会いにくいというイメージが強くなってきました。

このあたりから、出会い系サイトには悪質なものが多いというイメージが強くなっていきました。しかし、この悪いイメージを払拭するために、完全無料の出会い系サイトが登場し始めました。

しかし、これは本当に完全無料ということではありません。サイトに登録することで関連サイトにも登録され、いつの間にか課金されているのです。

この傾向が強まったのは、2000年代後半からです。この頃になると、出会い系サイト=援助交際の温床というイメージも強くなってきた。

スマートフォンでの出会い系アプリが一般化

ガラパゴス化が進み、スマートフォンに出会い系アプリが登場し始めました。

そこから現在では、SNS、出会い系サイト、出会い系アプリと、多様な出会いの方法が増えてきています。